介護保険


介護保険制度が導入されましたが、どんどん国民の負担というのは増えてきていますよね。

介護保険料を負担しなければいけなくなったのは40歳以上の国民ですが介護保険料はこれからの高齢化社会のことを考えると必要だとは思いますが色々と介護保険の問題点もあるのではないでしょうか。

介護保険を支払う側からしてみればまだ使いもしない介護保険を先払いするわけですからあまり納得いかないこともあるかもしれませんが、介護保険料を使い側からしてみれば色々と便利にあったこともあるのではないでしょうか。

たとえば介護保険をつかって住宅改修をする際には20万円を負担してもらえることになっていますからお年寄りを抱えているご家庭でもし、家をリフォームしてバリアフリーにするとか手すりをつけるといった場合には介護保険を利用して20万円までは住宅改修が行われます。

また住宅改修は引っ越しをした場合にはもう一度利用することもできますからうれしいですよね。

介護保険サービスとして他にも福祉用具を購入したりレンタルする際の費用なども負担してもらえますからこれから先のことを考えると介護保険料の負担は少々苦しくても、負担するべきではないかと思いますよね。

投稿者 藤井 リナ 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27252944
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術