国民健康保険


国民健康保険というのは何かというと、会社などで健康保険に入っていない人は国民健康保険にはいることになっています。

自営業の人や健康保険に加入できない会社などで働いている人が、何かあったときでも経済的な負担を減らしながら病院で治療を受けられるようにするために国民健康保険があるのですが、生活保護を受けているという人以外はどの人も国民健康保険には入っていると思います。

国民健康保険の税金というのは、医療費の分と介護の分にわかれているのですが、計算されて一括で請求されるようになっています。

国民健康保険の医療費というのは、所得によっても違っていますし、資産や家族の人数などによってもそれぞれの世帯に請求される国民健康保険の値段というのは変わってきます。

国民健康保険に入っていれば治療を受けた時には医療費は3割負担ですみすし、高額医療費においても、限度額以上になったときに支給されることになっています。

健康保険証をもしももっていくのを忘れた時には、その場では全額支払って後から審査が行われて7割分は帰ってくることになっています。

他にも、出産一時金も国民健康保険に加入していることによって受け取ることができますから必ず加入しましょう。

投稿者 イモトアヤコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27151420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術