高額医療費の請求方法


どのようにすれば、高額医療保険を利用して実際に高額医療費を受け取ることができるのでしょうか。

高額医療費は申請しなければもらうことはできません。

事故や入院などで医療費が高額になってしまったら、請求手続きを迅速に行いましょう。

請求の際に必要なものは、請求書類や医師からの診断書、それに申請に必要な書類や印鑑など、さまざまなものがあります。

それから、不慮の事故に見舞われてしまった場合は事故証明書の写しと事故状況報告書が必要になってます。

また、本人の代わりに家族が請求する場合には住民票の写しや、保険証の写しなどが必要となってきます。

申請を出してから、受け取るまでには少々時間がかかることがあります。

請求してもすぐにとはいかないのです。

請求書は、社会保険事務所や、加入している生命保険会社に提出します。

受け取った後に提出書類は審査され、給付金が出るかどうか判断されます。

高額医療費をもらうためには、それなりの手続きが必要となってくるのですね。

面倒だからといって、せっかくの負担軽減をあきらめてしまわずに、しっかり準備して手続きしましょうね。高額な医療費を必要とする病気にはどんなものがあるのか、参考までにご紹介いたします。

胃ガン・結腸ガン・肺ガン・急性心筋梗塞・肺炎・喘息・脳梗塞・脳出血・糖尿病・大腿骨骨折・胃潰瘍・急性腸炎・正常分娩・急性虫垂炎・胆石症・前立腺肥大症・白内障・子宮筋腫・狭心症・腎結石・乳ガン。

特にガンや心臓病、脳の病気などは、入院・通院日数も費用もかかります。

出来るだけ負担を軽くしたいものです。

投稿者 北川 弘美
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26119386

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術