医療保険について


私たちが生きていく過程には、いろいろな病気をしたり、事故にあったりと、思いもよらない事が起きます。

保険とは入院や手術や通院を余技なくされ、高額な費用がかかってしまします。

そんなときに助けてくれるものです。

保険というものは、毎月たくさんの人たちからお金を集め、困って
いる人たちに役立てる仕組みです。

ですから医療保険でいえば、各保険会社が契約者から毎月「保険料」を集め、入院や手術をした人に、「給付金」として支払うという仕組みです。

高額な費用は家族にも負担がかかります。

医療保険は私たちの生活を支え、負担を軽くしてくれる大切なも
のです。

保険には医療保険を含めて、どんな種類のものがあるのでしょうか。

医療保険、介護保険、年金保険、労働保険とは公的な保険としてあります。

それから死亡保障、医療保障、介護保障、老後生活保障などは各個人が選別し契約を結ぶ私的な保険になっています。

保障される項目や保障期間が長くなればなるほど、保険料は高くなります。

もちろん、年齢や性別、各保険会社によっても異なるのです。

毎月の保険料が生活の負担にかかってしまえば、続けることはでき
ませんよね。

確かに高額な医療費がかかった場合保障が高ければ高いほど負担は少なくなりますが。

私たちの生活をささえてくれる大事な保険ですので、契約時には保険料と保障ををよく検討して決めましょう。

高額な医療費にはこの医療保険制度は必要ですよね。

私たちの生活を支えてくれる大切なものですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25460345

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術