医療保険の特徴


病院にかかる時に欠かせないのが医療保険ですが、これは、病院に支払う金額の全額か一部が支給されるというシステムです。

では、ある程度年を取って医者にかかる機会が増してから入るような老人医療保険は、どう対応すればいいのでしょうか。

保険の仕組みとして、公的医療保険と民間医療保険という2パターンの医療保険が現在では、存在しています。

国内では国民皆保険という公的医療保険制度が構築され、機能しています。

高齢者を対象とした保険には、75歳以上が加入する老人保健が該当します。

75歳以上で、一定以上の所得がある人は3割、それ以外の人は1割の負担率で診察を受けることができる仕組みが老人保険制度です。

民間の医療保険は任意加入で、契約をする人が自分自身の財産や所得に応じて入りたい保険を決めます。

民間の保険会社は、各社毎に様々な保険プランを作っていますので、民間で老人医療保険を探したいならそちらになります。

ただし、老人医療保険とはいうものの、そのものずばりの名前の保険はありません。

しかし、高齢者でも加入のできる終身型の医療保険が老人医療保険に最も近い形であるといえるでしょう。

国内では、公的医療保険の足りない部分を民間医療保険で足しているという関係です。

差額ベッド代や交通費などの雑費、特に悪性疾患と診断をされた場合のお見舞い金なども内容は細かな部分にまで及んでいるのが特徴です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25397050

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術