保険何でも相談室 > 2010年09月



生命保険の試験


生命保険の試験とは、色々なレベルに合わせて実施されています。

生命保険の試験を実施する目的としては、深く生命保険についての知識を身につけることを目的としています。

生命保険の試験として一番一般的で、一番最初に出てくる試験は、一般課程試験と呼ばれる試験です。

この試験は、生命保険募集人、つまり生命保険の契約をするための営業スタッフや営業外交員として、お客様に、生命保険についての紹介や説明を行うことができて、その上で、信頼されるような存在になれるかどうか、その素質や正しい知識を身につけているかなどを判断するための試験です。

生命保険業界内で行われている共通の試験になります。

生命保険会社は今色々とありますが、どの会社も共通している試験ですから、たとえば、国内の生命保険会社から、外資系の生命保険会社に移動したという場合でも通用する資格なので、業界内であれば、1度資格をとっておけば便利な資格でもあります。

受験にあたっては、生命保険会社だけに限らず、生命保険を商品として取り扱っているような金融機関に勤めている社員、また生命保険の代理店などの社員は、入社してすぐに研修を行い、生命保険一般課程試験を受験することになります。

生命保険一般課程試験を主催しているのは、社団法人生命保険協会です。

この生命保険一般課程試験には受験資格があります。

受験資格としては、社団法人生命保険協会が決めている所定の単位を履修してから2か月以内に試験を受験しなければいけないということになっています。

生命保険一般課程試験は毎月1回行われていますので、途中で入社してきた人でも、1ヵ月で受験可能になります。

社員に限らず、パートやアルバイトで、生命保険会社に雇用されたという場合でも、営業に関わる仕事に就くという場合には、生命保険一般課程試験を受験して合格しなければ活動をすることができません。

社団法人生命保険協会は、この生命保険一般課程試験以外にも、その次のレベルとしての専門課程、そして応用課程試験、大学課程などの試験も実施して生命保険に関する知識を社員やその仕事に携わる人に身につけてもらうことを目的として行っています。

生命保険会社の試験は、レベルにあわせて受験して行き、まず最初の試験が生命保険一般課程試験ということになります。

この試験に合格しなければ、パートであっても、生命保険の仕事に就くことができませんので、必ず合格しなければいけませんが、それほど難しい試験でもありません。


投稿者 友近由紀子

[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|あし@占いの館|
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識|安心・安全dhcサプリメント|
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|キャッシングローンの基礎知識|

リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術