保険何でも相談室 > 2010年05月



生命保険の終身とは


生命保険の終身保険は、一生涯保障を続けることができる保険のことを言います。

保険の中での保障期間の期限が設けられていませんから、一生涯保険金を受け取ったり、給付金を受け取ることができるというのが特徴の生命保険です。

終身保険に対して、定期保険というのは、期間が限られていて、その期間が過ぎてしまうと保障がなくなります。

生命保険の終身保険はエンドレスに一生涯保障期間が続くために、保険期間も長いですから、保険料も定期保険に比べれば少し高くなるという特徴があります。

生命保険で終身保険をつけることはなくても大丈夫だと思っている人も多いと思います。

主に終身保険は医療保険につけるといいかも知れません。

なぜなら医療保険というのは健康で若い時はそれほど使う頻度が少ないと思いますが、年齢を重ねていけばいつどうなるのかわかりませんから、終身保険で一生涯保障をつけている方がいいという考え方になります。

ですから、医療保険を選ぶ場合には一生涯保障が続く終身保険をお勧めします。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術