保険何でも相談室 > 2010年02月



生命保険の契約


生命保険を選んで、契約をするということになったら、色々と考えなければいけない点がありますので、紹介して行きたいと思います。

生命保険の契約の際には、まず受取人を決める必要があります。

契約者と被保険者、そして保険金を受け取る人を決めます。保険に加入する人のことを契約者と言いますが、これは保険料を支払っていく人のことを言います。

そして被保険者は、その人の命にかかわることや怪我などに保険料が払われることになる対象となる人のことです。

そして保険金の受取人はご存知の方も多いですが、保険金や給付金を実際に受け取り人のことを言います。

この三つの立場をよく理解した上で、誰がなるのか、考えたうえで、生命保険の契約をしなければいけないのです。

生命保険の契約の際に、重要なこととしては、告知義務もあります。

告知義務と言うのは、生命保険の契約をする際に、契約者の今の健康や、働いている職種などを告知することになっています。

健康状態とか、過去の病歴などについて、詳しく告知書に書いて提出することになります。

これがきちんと書かれていなければ、契約をすることができませんし、それだけでなく、もしも偽りの内容を書いているという場合には、告知義務違反になるので、生命保険の契約の際には十分に注意した方がいいでしょう。

生命保険の契約の際に気をつけることは、これらの二つ以外にもいろいろとありますが、慎重に加入を検討した上で契約をしましょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識

生命保険のデメリット


生命保険は万が一の場合に備える保険です。

メリットが多いように思っている人もいると思いますが、デメリットもあります。

それぞれの保険の種類に合わせてデメリットを見ていきましょう。

まずは、定期保険の生命保険のデメリットですが、契約期間が終了したら満期保険金も、解約返戻金も何も手元に入らないことが一番のデメリットです。

掛け捨ての特徴と言ってもいいのですが、やはり、掛け捨てですから、この点のデメリットは避けられません。

生命保険は保険として考えて貯蓄性を全く考えずにはいらなければいけないことになります。

そして終身保険のデメリットとしては、解約返戻金を受け取ることができることから、保険料が高めに設定されています。

その点が、デメリットとしてあげられます。

そして養老保険は、生命保険として損をしない保険としても知られていますが、デメリットとしては、保険料が、二つの他の保険に比べると、比べものにならないくらいに高いことではないでしょうか。

もしも満期まで生存していたという場合にも、自分で銀行に貯金していたのと同じことになるので、その点を考えると、自分で貯金していた方が満額手に入るというメリットがありますから、これはデメリットになるのではないでしょうか。

このように、生命保険の種類によって、デメリットはありますので、自分に合った生命保険を選び、その上でメリット、デメリットもよく理解しておくことが大切です。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術