保険何でも相談室 > 2010年02月



生命保険の格付け


生命保険の格付けとは、生命保険会社のレベルや安定の度合いを表しているものを言います。

生命保険会社の、たとえば保険財務力であったり、保険金支払い能力などを公表している格付けを生命保険会社の格付けと呼んでいます。

生命保険会社の格付けは、ひとつの格付け機関だけが調査をして発表しているのではありません。

現在いくつかの格付け調査会社というものが存在していますから、そちらで色々と発表されています生命保険会社の格付けは、生命保険をこれから入るというときにチェックしておくべき情報です。

安心して生命保険に入ることができるかどうか、内容や保障、月々の掛け金などももちろん確認すべき点ではありますが、生命保険会社そのものが破たんしてしまったのでは意味がありませんから、生命保険会社が安心して利用できるかどうかを確認するために利用するといいと思います。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|

生命保険の見直しを行わない場合のデメリット


生命保険の見直しを行わなければどのようなデメリットがあるのでしょうか。

それは、例えば、無駄な生命保険料を支払うというデメリットにつながることもありますし、逆に自分に生命保険の保障が足りていない可能性もあるのです。

今の自分にはどれだけの保障が必要で、生命保険でそれが補われているのか、その点を、生命保険の見直しで考えていかなくてはいけません。

定期的な見直しをしている人ほど、生命保険料の無駄を省いて、しっかり、賢くかけられていると思いますが、面倒だと感じて、そのままにしている人は、保障が足りなくて、いざというときに困ってしまったり、逆に無駄な保険料を支払うことにもなりかねませんよ。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|

生命保険の見直し


生命保険の見直しを行っている人はどれくらいいるでしょうか。

意外と生命保険というのは、入ってしまえば、それで終わりだと思っている人も多いですね。

しかし、実際には入って終わりではありません。

生命保険は入ってから、保障内容が自分に合っているかどうかを見なければいけないのです。

生命保険の保障内容を確認した上で加入していることと思いますが、自分のライフスタイルに合わせて、必要な保障というのは随時変わってくると思います。

例えば、結婚を機に生命保険の見直しをするという人は多いでしょう。

今まで一人として、独身で入ってきた保険は、自分のことだけを考えて入っていたので、結婚してパートナーができたことで、生命保険の見直しをする、これは一般的には一番多いパターンです。

しかしその後の生命保険の見直しを、意外としない人が多いです。

結婚を機に見直してから、ずっとそのままという人が多いのです。

しかし結婚をしてからも、ライフスタイルや身の回りの環境というのは随時変わっていきますね。

子供が生まれれば家族が増えますから、それなりに自分への保障はもっと手厚くならなければいけません。

ですから、生命保険の見直しというのは随時ライフスタイルや、人生の節目ごとに見直しが必要です。

子供が一人の時にはこれだけの保障が必要だろうと、生命保険の見直しをした。

でも、子供が3人生まれたとなれば、一人の時にかけてきた保障では足りない可能性もあります。

そうするとまた見直しが必要です。

そしてしばらくそのままで、子どもが成人して自分の責任も少し負担が軽くなってきた。

そうしたら生命保険の見直しで、保障内容を引き下げることができるのです。

こうしたように、生命保険の保障については随時少しずつ見直しをして行く必要があります。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術