保険何でも相談室 > 2010年02月



団体信用生命保険


生命保険の中には、団体信用生命保険と呼ばれる生命保険があります。

この生命保険の名前を聞いたことがあるという人は、住宅ローンを組んでいる人や、組もうと思っている人、組んでいた人ではないでしょうか。

住宅ローンを組む際には、ほとんどの金融機関で、ローンを組むのと同時に、団体信用生命保険に加入することを義務付けています。

義務付けされている団体信用生命保険とは、必ず住宅ローンを組む際には加入しておかなくてはいけない生命保険なのです。

住宅ローンというのは総額がかなり高額になりますし、長期間にわたって返済していきますから、ローンの返済途中に、自分の身に何かあるかもしれません。

そんなときに住宅ローンを返済することができなくなった遺族が生活に困らないために加入するのが団体信用生命保険です。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|

生命保険の相談をするなら


生命保険の相談をするなら、生命保険会社の人に聞くのが一番です。

昔ながらの日本の大手の生命保険会社の場合には、外交員やセールスレディー、営業マンの人がいてくれますから、生命保険の相談をしやすい環境にありました。

しかし最近の外資系のダイレクト系と呼ばれる生命保険会社の場合には、スタッフと直接会って契約をするということがありません。

そのため保険料が安く設定されているわけですから、それはメリットでもありデメリットにもなるのかもしれませんね。

生命保険の相談をしたいと思ったら、ダイレクト系でも、生命保険会社のスタッフに連絡を取ってみるのが一番ではないでしょうか。

電話でフリーダイアルを用意してあるところも今は多いですから、そちらへかけて自分に合った保険を選んでもらったりアドバイスしてもらうという方法がいいと思います。

また、最近はファイナンシャルプランナーの人も保険に詳しい人は大勢いますので、ファイナンシャルプランナーに相談するというのもいいと思います。

自分で決められる人は自分で決めればいいですが、自分にぴったり合う保険を選ぶというのは、なかなか難しく、無駄な加入にならないためにも、相談することをお勧めします。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|

自分たちにぴったりの生命保険選び


生命保険の相談をしなければ、自分たちにぴったりの生命保険を選ぶことはできません。

しかし意外と多くの人が、誰にも相談もせずに、生命保険を選んでいるという現状があるのでびっくりします。

生命保険の相談をどこにすればいいのかわからない人もなどもいて、結局誰にも相談しないで独断で決めているのが現状です。

しかし生命保険というのは意外と選ぶ際に慎重に選ばなくては、無駄なお金を支払うことにもつながると言われています。

自分にあった保障だけ必要なので、それだけでいいのに、何も内容を考えずに見ていると、生命保険で無駄な保障がついていて、その分の保険料を無駄に支払っているということもあるのではないでしょうか。

色々な人がいますが誰にでもある生命保険というのはありません。

それぞれ自分に合ったものを選ばなくてはいけないのです。

結婚をしている人なら結婚をしている人にあった生命保険がありますし、子供がいる人には子供がいる人の生命保険があります。

保障の額も自分のおかれている立場によって違ってくるのが当たり前のことですから、それを相談もしないで、知らないまま生命保険に加入するというのは、保険料を無駄に支払っているということにつながります。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術