保険何でも相談室 > 2010年01月



生命保険の見積もり


生命保険に入るときには、見積もりを受けてから入るようにしましょう。

自分に合っている生命保険に入らなければ意味がりませんから、どんな保険があるのか自分に合ったものを見積もってもらうことが大切です。

そのためには、資料請求をする人が多いのですが、複数あるプラン資料請求をすれば、どれが自分に合っているのかがわかると思います。

一つの会社だけに限らず、複数の生命保険会社で見積もりをしてもらうことで、他の会社との比較も可能になります。

それぞれの生命保険会社の比較をしていきますが、その際には、保障額がどれくらいで、そして保障期間がどれくらいになるのかと言うことだけはポイントとして覚えておきましょう。

そして今の自分にはどれくらいの保障があればいいのか、保険料は月々負担して行けるかどうかなども考える必要もありますし、主契約だけで補えない場合には、特約に加入することも検討する必要があります。

生命保険の見積もりは、最近はインターネット上でも手軽にできるようになりました。

必要事項を入力するだけで、見積もりを出してくれます。

しかし、この場合の見積もりは、あくまでも簡易的な見積もりだと思った方がいいかもしれません。

もっと詳しく生命保険の見積もりをしてもらいたいと思っている人の場合には、実際の生命保険会社のスタッフに連絡をしてみるとか、ファイナンシャルプランナーに依頼するという方法がいいと思います。

見積もりをせずに加入することのないようにしましょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識

生命保険の終身


生命保険の終身保険についてですが、生命保険の種類は色々とあります。

その中でも契約に関して期限がなくて、一旦生命保険に入れば、その後一生涯保障される保険のことを終身保険と言っています。

一生涯保障してもらえる上に、いつ死亡したとしても、決められた保険金がもらえるというのが、生命保険の終身保険です。

生命保険と言うのは、従来は、定期保険か、養老保険のどちらかしかありませんでした。

しかし日本人の平均寿命が長くなったことも影響して、定期保険の場合も、養老保険の場合でも、老後が来るまでに満期になり、その後の保険期間がなくなるというケースが増えてきました。

その保険期間をカバーするために作られたのが、生命保険の終身保険です。

若い年齢で加入している場合には、保険料は定期保険よりも格安ですし、的保険は保険料が戻らないのですが、終身保険の場合には解約をすれば、解約返戻金がもらえるというメリットもあります。

生命保険の終身保険は、貯蓄型の保険です。

掛け捨ての保険である、定期保険と比較してみても、解約返戻金が残るということで貯蓄性が高いのが特徴です。

しかし生命保険の終身保険は、いい面だけではありません。

定期保険と比較してみると、解約返戻金があるために、保険料は少し高めに設定されています。

契約をしてから2年間は継続して保険料の支払いを行わないといけませんし、保険に入ってからすぐに脂肪した場合は、保険金が少しだけしか下りないというデメリットもあります。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識

生命保険と税金


生命保険で受け取ることができた保険金には税金がかかります。

生命保険に入っている場合に、被保険者がもしもなくなったという場合には、保険金を遺産として、残された家族に入ってきます。

保険金を受け取るにあたっては、税金がかかってきます。

保険料を負担する人や、保険金を受け取る人、被保険者の誰が税金を払うのかによっても、種類は色々と違います。

保険金は現金での受取が可能ですから、税金としては、所得税や相続税、贈与税といった税金がかかってくることになります。

この場合に保険料を負担していた人と、保険金を受け取る人が同じ人の場合には、所得税がかかってきます。

保険金を一度に受け取るのか、分割で受け取るのかという受け取り方で一時所得という形なのか、雑所得という形なのか分けられます。

全額保険金を受け取る人は一時所得扱いで、保険料と特別控除額である50万円を引いた額に、税金がかかってきます。

雑所得扱いになるのは、保険金を年金でもらうことを言いますが、1年間に受け取った金額の保険料を引いた金額が所得税として、源泉徴収で差し引かれることになります。

亡くなった人と保険料を負担している人が同じ場合には、受取人が相続税を支払うことになります。

保険料を負担していた人と、被保険者、その他保険金を受け取った人がすべて違うという場合には、贈与税がかかってきます。

贈与税を計算する方法としては、年間に、贈与として受け取った財産を合計したものから、基礎控除額の110万円を引いた額に税率をかけることで計算可能です。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術