保険何でも相談室 > 2010年01月



生命保険募集人 


生命保険募集人と言う名前を聞くと、誰のことを言っているのかわからないという人も多いかもしれませんが、生命保険募集人は、簡単に言ってみれば、生命保険の営業マンや営業のレディーのことを言います。

生命保険の募集をしている人のことを生命保険募集人と呼ぶのです。

生命保険協会が実施している募集人資格試験に合格した人で、金融庁に登録をした人が、生命保険募集人として活動することができるようになっています。

生命保険会社などで働くという場合には、パートであっても、正社員であっても、多くの場合が、生命保険募集人の資格試験を受験して資格を持っている状態で仕事をすることになります。

生命保険募集人になるためには、一般課程の試験に合格しなければいけません。

この資格試験では基本的な生命保険についての知識などを問われことになります。

生命保険会社で仕事をする人に限らず、金融機関で、生命保険を取り扱っているような、銀行などで働くという場合でも、生命保険募集人として活躍することは可能ですし、フィナンシャルプランナーも、生命保険募集人資格試験を受験して資格を持っているというケースが多いです。

生命保険募集人の試験を受験するにあたっては、決められた履修をした上で試験を受けることになりますので、覚えておきましょう。

パートやアルバイトで生命保険募集人になっている女性なども多く、子供がいても続けられる仕事と言うことから、主婦なども多く活躍しています。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識

生命保険の種類


生命保険の種類は、沢山あり過ぎて、何を選べばいいのかわからない人も多いと思います。

しかし冷静に見た場合に、生命保険の種類は大きく分けると3つだけです。

まず一つ目としては、終身保険があります。

これは保険期間が設定されていないタイプで、一生涯保障がある生命保険です。

そして定期保険も生命保険の種類の一つです。

こちらの保険は保険期間が設定されていて、ほとんどのケースで掛け捨てになるタイプの生命保険です。

生命保険の三つ目の種類としては、養老保険があります。

養老保険は、定期保険と同じで、保険期間が決められているのですが、何事もなく満期まで過ごした場合には、保障額と同じだけの満期保険金を受け取ることができるという保険になります。

たとえば、養老保険の場合には、保険期間が60歳までで、保険払込期間も60歳までで、それまでに何事もなければ、1000万円の満期保険金を受け取れるというものです。

だいたいその場合には保険料は25000円以上となっています。

先ほどの生命保険の種類の定期保険の場合には同じ保険期間60歳で、保険金額が1000万円で合っても、掛け捨てであったために、保険料は4000円位と、陽良保険の5分の1と言う保険金でした。

掛け捨てと積立型の保険があり、生命保険の種類によって違っています。

基本的に養老保険などの積み立ての生命保険の方が、保険料は高く設定されていて、掛け捨ては、保険料が安いのが特徴です。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識

生命保険の受取人


生命保険の受取人と言うのは、保険料を支払って契約して加入していた保険の保険金を受け取る人を言います。

保険金を支払うようなことが起きた場合に、生命保険会社から、保険金を請求する手続きをした上で受け取ることができるようになっています。

死亡保険金や満期保険金などを受け取ることができるのですが、受取人は、どうやって決まるのかと言うと、契約する人が決めることになっています。

生命保険の受取人の中には、高度障害保険金受取人と言う種類もあり、この場合には、被保険者本人と決められている場合もあります。

この場合は契約者が決めることができないことになっています。

主に、生命保険金受取人と言うのは、契約者が夫である場合には妻が、妻が契約者である場合には夫が受け取るというのが普通ですが、それ以外に、親が子供にかけるというケースもあります。

保険金受取人になった場合には、受け取った事実が発生すれば税金を支払うことになっているので、どんな立場で、生命保険の受取人として保険金を受け取ったのかと言うことで、税金の種類が変わってきますから、良く確認しておきましょう。

生命保険金の受取人を変更したいと思っている人も中にはいると言われていますが、その場合には、保険会社に相談をしたうえで、保険金受取人の変更手続きを行うことになります。

夫婦間で受取人になっていて、離婚した場合などには、生命保険受取人の変更が必要ですから、手続きを行いましょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術