保険何でも相談室 > 2010年01月



生命保険の人気


生命保険を選ぶ際に、人気の保険を選ぶという方法も一つの方法としてあげられます。

人気があるという生命保険は、それなりに人気が出る理由があります。

たとえば保障内容が充実しているとか、保険料が安い、サポートが安心していると言った様な理由があります。

今生命保険で人気がるのがオリックス生命のファインセーブです。

この生命保険は、保険料が格安なことでも知られていますし、病気になっても、災害が起きても、事故で死亡しても、同じ死亡保障が受けられるというメリットがあります。

保険期間も保証金額も自分の希望通りに選択できるということもあり、オーダーメイド生命保険に近い形として人気があります。

そして生命保険で人気のある保険としては、東京海上日動あんしん生命の、長割り終身も人気です。

こちらも保険料は安く抑えられていますし、終身ですから、一生涯死亡保障がついているので安心です。

満期はないタイプで、保険料の払込期間なども自分で選ぶことができるタイプの保険となっています。

そして生命保険で人気のある保険としては、アリコジャパンの家族あんしんと言う保険も人気です。

万が一の場合には、残った家族に対して、保険期間が満了するまで、毎月給付金が支払われるので、残された家族のその後の生活に役立ちます。

これから生命保険を選ぼうと思っている人は、まず人気の保険を見て、内容が自分に合っているのかどうか確認しておいた方がいいでしょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識

生命保険の転換


生命保険の転換とは、今まで加入していた生命保険を下取りしてもらって、新しい生命保険に入るということが転換するということになります。

新しい保険料は転換するときの自分の年齢と予定利率などで計算をすることになります。

下取りの価格の分は割り引かれる設定になっています。

ですが、最初に契約していた時よりも年齢が上になっていることや、予定利率が現在はかなり低いことから、転換することのメリットは今はあまりないと言ってもいいでしょう。

他の保険会社に転換するということはできないので、現在加入している生命保険会社内で転換するという形のみになります。

生命保険の転換の種類としては、下取りした生命保険を、新しく契約する終身保険の中にだけ入れるという、基本転換と言う種類と、終身保険と定期保険特約に入れる比例転換と言う方法と、的保険特約の中にだけ入れるという特定転換と言う種類があります。

基本転換の場合には、他の転換の種類と比較してみると、保険料そのものは高くついてしまうのですが、解約返戻金だけを見てみるとかなり大きな額になります。

比例転換の種類は、特定転換と比較してみると、解約返戻金は増えますし、基本転換よりも格安の保険料になるのですが、定期保険特約の更新をするときには、一番保険料が高くつくという特徴があります。

それぞれの生命保険の転換の種類によって特徴が違っていますので、それぞれの特徴をよく理解した上で、転換するかどうかを考えましょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識

生命保険のシュミレーション


生命保険のシュミレーションはとても便利なシステムです。

自分が生命保険に入ろうと思ったときに、自分が希望している生命保険に加入した場合に、毎月の保険料がどれくらいになるのか、手軽に知ることができるのが、生命保険のシュミレーションです。

ほとんどの生命保険会社で、シュミレーションを実施しているところが多く、公式のサイト上でも必要事項を入力するだけで、自分にとっての保障額はどれくらい必要であるのかと言うことや、毎月の保険料についての計算を瞬時にしてもらえるので、とても手軽に保険選びの参考にすることができます。

インターネットで生命保険のシュミレーションは出来ますから、家で保険を選ぶ際に、手軽に必要事項を入力して行ってみるといいでしょう。

生命保険会社が実施しているシュミレーションの他にも、最近は、生命保険を比較しているサイトなどもあります。

ですので、そちらを利用すれば、一度必要事項を入力するだけで、登録されている複数の生命保険会社のシュミレーションを同時に計算可能ですから、比較がスムーズにできるようになりました。

詳しい見積もりを見たいという場合には、シュミレーションでなく、実際に資料請求をしたときに、見積もりを出してもらうという方法もあります。

ただ、とりあえずまだ考えている段階で、どこの生命保険会社がいいのか検討してみたいというのであれば、シュミレーションをネット上で行うことで、手軽に結果を見ることができます。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術