保険何でも相談室 > 2010年01月



アフラック生命保険 


アフラックの生命保険はアメリカンファミリー生命保険を略している名前です。

生命保険をはじめとして医療保険などもとり使っている外資系の会社です。

日本でのアフラックのコマーシャルをご存知の人も多いと思いますが、がん保険に強い生命保険としても知られています。

がん保険が日本で最初に販売されたのは、アフラックでした。

今アフラック生命保険のがん保険で中心になっている商品としては、フォルテというガン保険があるのですが、こちらの保険料は一生変わらず、一生涯保障が受けられるという終身生命保険です。

アフラック生命保険ではがん保険だけでなく、医療保険もありますし、介護保険や学資保険などの保険の取扱いもあります。

がん保険が中心で全面的に販売を実施しているということもあり、他の生命保険会社と比べると、生命保険の内容自体はそれほど充実しているとは言えないのですが、がん保険はかなり充実しているのが特徴です。

終身保険については、少し他の生命保険に比べてみると充実していて、アフラック生命保険の終身保険は、80歳まで加入可能です。

これからは高齢化社会がまだまだ進みますから、さらに高齢になってからも保険に加入できるというのはうれしいですね。

アフラック生命保険は、生命保険会社の格付けランクでも、スタンダードプアーズ社の格付けにおいてAAという結果を出していますから、かなり安定しているということがわかります。

がん保険、医療保険では生命保険会社で一番の会社です。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局

外資系の生命保険


外資系の生命保険がここ数年のうちに、かなり増えていますがご存知でしょうか?

日本の生命保険会社は合併をして少なくなってきている中で、外資系の生命保険会社の数は増えているのが特徴です。

外資系の保険会社としては、たとえばどんなところがあるのかと言うと、ソニー生命保険や、オリックス生命保険、チューリッヒ生命保険やアメリカンファミリー、アリコジャパン、プルデンシャル生命保険、アクサ生命保険、マニュライフ生命保険などもあります。

AIGスター生命などもありますが中には、日本の生命保険会社が破たんしたために、それを買い取ってそのまま外資系が引き継いでいるというケースもあります。

例えば、プルデンシャル生命保険会社は外資系ではありますが、日産生命が破たんしたために引き継いで経営していますし、アクサ生命も、日本団体生命が破たんしたために外資として乗り出しています。

マニュライフ生命やAIG生命も同様です。

AIG生命には、千代田生命が破たんして外資系に買収されています。

ジブラルタ生命は協栄生命が買収された形です。

外資系の中には、このように日本の生命保険会社が破たんして買収したタイプもあります。

日本の生命保険との違いとしては、通販型で代理店を置かないダイレクトタイプによる、保険料の安さが違いとして明らかです。

また外資系の生命保険の場合には、配当金がなく、無配当であることも、日本の生命保険会社との違いになっています。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局

住友生命保険


住友生命保険は、女優の松嶋菜々子さんで知られている生命保険会社の一つです。

有名で人気のある保険のプランとしては、ライブワンと呼ばれる積立保険ファンドが人気の商品として知られています。

この住友生命保険のライブワンは、年齢ごとに3つのタイプに分かれているのですが、愛愛タイプ、らくらく人生タイプ、優々タイプの三つに分けられています。

住友生命保険の特徴としては、主契約者の保険で、夫婦二人分の保障が賄えるという保険もあります。

これは連生終身保険と呼ばれるものですが、楽々アンサンブルという商品名で用意されています。

夫婦で別々に生命保険に入っていることを思えば、二人で一緒に入った方が保険料が安くなるという特徴があります。

住友生命のこの夫婦一体型の保険は人気があり、夫婦の内どちらかがなくなってしまった場合には、主契約の終身保険と、特約の定期保険のどちらからも保険金が下りることになります。

その後の契約については消えてしまうので、そこから先をどうするのかが問題ではありますが、一緒に入っておくとお得な保険です。

その先の保険としては、利率変動型の積立終身保険のライブワンに入ることができるので、このまま継続して住友生命保険に加入し続けることができますので、検討してみるといいと思います。

住友生命保険は、日本の生命保険の大手の一つとして、人気があり、信頼度も高い保険会社としても知られています。

外資系を選ばずに、日本の保険会社を選ぼうと思っている人にはおすすめです。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術