保険何でも相談室 > 2009年05月



保険料を抑えるポイント


保険料は少しでも安い方がいいと思っている人は多いと思いますが、保険料を少しでも安くする方法としてはどうすればいいのでしょうか。

まず一つ目としては保険金額を見直す必要があります。

保険金額が高ければその分保険料も高くなることになりますから保険金額が実際にそれほど必要なのかということを考えて保険金額を減らせば保険料も安くなるのではないでしょうか。

死亡保障を見直す方法としては、子どもの年齢に合わせて保障をだんだんと減らしていくというのがいいといわれています。

それから保険料の見直しとしては今入っている保険で必要がない保険があった場合には、その保険を解約するという方法が一つあります。

もしかすると保障内容がかぶっている保険があるかもしれませんから見直してみましょう。

そして保険料を抑える方法としては、新しい保険に入りなおすという方法も一つあります。

今入っている保険を見直してみてもし他にも自分にあった保険があるのであれば保険を乗り換えてみると保険料を抑えられると思いますから保険の見直しをしてみるというのもいいかもしれません。

保険料は何とでも抑えることができますから一度見直しや新しく加入することも検討してみてはいかがでしょうか。

投稿者 中野美奈子  

医療保険の種類


医療保険の種類についてですが、医療保険と一言で言ってもいろいろと種類があります。

たとえば終身医療保険というのは、一生医療保障を受けることができる保険のことで更新をする必要もありませんから、加入したときの年齢のままずっと保険に入り続けることができるというメリットがあります。

そして定期医療保険というのは、医療保障を5年や10年といった短期間で受けるもので契約をするたびに保険料がその時の年齢のものに変わりますが、更新のたびに高くなってしまうというデメリットがあります。

一生医療保険に入り続けるのであれば、定期医療保険に加入するよりも終身医療保険に入った方がいいのではないでしょうか。

そして医療保険には女性特約医療保険というのがあります。

女性特有の病気になったときには、給付金がプラスしてもらえるというもので25歳から40歳くらいまでの女性にとってうれしい保険といわれています。

このように医療保険にはいろいろと種類がありますが、もちろん中身の方もいろいろな種類になっていて、入院の費用は何泊目からもらえるのか、手術をしたらいくらくらいもらえるのかなどのないようはそれぞれ違っていますからよく確認したうえで医療保険に加入するようにしましょう。

投稿者 安蘭けい 

保険の解約


保険の解約を考えている時には必ず次の保険についても考えて加入したうえで前に加入していた保険は解約しなければいけません。

なぜなら保険の解約をしてから保険に加入していたのではその解約をしていた期間に万が一のことがあった場合にはその間の保障がありませんから大変なことになりますし、万が一のことがあってから保険に改めて入ることは難しいからです。

保険の解約をする際はきちんと次の保険について考えたうえで解約することが大切ですし、もしもう必要がないから解約するという場合には、返戻金のことについてもきちんと確認してから解約しましょう。

保険の種類によっては終身保険や養老保険の場合には保険の解約をすると解約返戻金がもらえる場合があります。

今まで100万円かけてきて途中で解約した場合の解約返戻金は100万円すべてが返ってくるというわけではありませんから、その解約返戻金の利率なども確認したうえで少しでもお得な時期に解約した方がいいと思います。

保険の解約をする際に外交員や保険のスタッフに言うとなかなか手続きをしてくれないということがあるようですから、できれば直接保険のコールセンターなどに電話をかけて保険の解約をした方がいいかもしれません。

投稿者 小阪由佳
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術