保険何でも相談室 > 2009年04月



がん保険のポイント


がん保険を選ぶ際のポイントについて紹介していきたいと思います。

がん保険の中には定期型の保険と終身型の保険がありますが、がん保険をこれから選ぶ場合にはどちらがいいのでしょうか。

がん保険を選ぶ際のポイントについてですが、がん保険を選ぶ際には終身型を選んでおいた方がいいかもしれません。

一生ガンの保障をしてくれますから将来いつガンになっても安心ではないでしょうか。

がん保険を選ぶときには、まずがんと診断されてもらえる給付金について確認しておきましょう。

がん給付金は保険会社によっても違うのですが、がんと診断された時に1度だけ給付されるというものと、期間をあければまた給付されるものとあると思いますからその保険はどうなのか確認してみましょう。

そしてがん保険を選ぶ際には、すべてのガンについて保障されるかどうかも確認する必要があります。

がん保険の中には、皮膚ガンの場合には保障されないという場合もありますからがん保険を選ぶ際には必ずチェックしておきましょう。

そしてがん保険に退院給付金や通院給付金がついているのかもチェックするポイントです。

がんは入院中以外にも、退院してからの通院にもお金がかかりますからこちらも保障されるか確認したうえでがん保険に加入するようにしましょう。

投稿者 北野誠

女性特有保険はサポート力に優れています


女性特有保険は女性専用ですが、女性特有の病気のみをサポートするものではありません。
普通の医療用保険のように、普通のケガや入院なども女性特有保険では保障してくれます。

ただ女性専用ということで、特に女性特有の病気に対してのサポート力が普通の医療用保険に比べ優れているというこだわりが女性特有保険にはあるようです。

女性特有保険には保障期間を一生涯と定めたものや、一定の期間だけとしたものがあります。

また一般の医療用保険のなかにも、特約として女性特有の病気に対してのサポートを行っているものもあります。

医療用保険は生き物で日々保障内容も進化していきますから、自分のライフスタイルに合わせて女性特有保険を選ぶとよいと思います。

女性特有保険は、女性としてのあなたを支える強い味方です。

自分のライフスタイルや様々なサポート内容とを照らしあわせながら、自分にあった女性特有保険を探してみましょう。

投稿者 北野誠

女性特有保険で適用される保障


女性特有保険で適用される保障には様々なものがあります。

子宮がんや乳がんなど、女性にとって一番怖い病気も、もちろん女性特有保険の対象内です。

また女性にとって欠く事の出来ない一大イベントである妊娠や分娩時の問題に対するサポートをしてくれる女性特有保険もあります。

独身だからと言って婦人科系の病気にかからないとは言えませんよね。

子宮内膜症などは年齢に関係ないと言われるもののひとつで、女性特有保険はきちんとそれをカバーしてくれるようです。

さら生殖器系だけでなく、関節リウマチなどの病気にも女性特有保険のなかには保障してくれるものもあるようです。

独身や既婚に関わらず女性であれば、自分の体を守る為にも女性特有保険を考えてみるとよいと思います。

投稿者 北野誠
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術