保険何でも相談室 > 2009年04月



生命保険の必要性


生命保険の必要性について紹介していきたいと思いますが、生命保険は社会人になったら必ず必要だと思っている人がいると思いますが、社会人になったとしても、生命保険は必ずしも必要というわけではありません。

扶養家族がいない場合には生命保険の死亡保障は必要がないと思います。

生命保険というのは、万が一のことに備えるものですが、万が一の時、自分ひとりだったとしたら、死亡保障って必要ありますか?

たとえば自分以外に守るべき家族がいる場合には生計を維持するためにも、残された家族のために死亡保障が必要になってくると思いますが、もし自分ひとりだったら、お葬式代くらいしか必要ないわけです。

社会人になったら生命保険が必要だと思っている人も多いと思いますが、生命保険というよりも社会人で守るべき人がいないのであれば医療保険を手厚くかけることに重点を置いた方がいいと思います。

社会人になったら生命保険が必要だと思っている人は大勢いるのですが、守るべきものがない場合には自分への保障を高くするために、医療保険をかけた方がいいと思います。

生命保険の必要性を十分に考えたうえで生命保険に加入するようにしなければ損をすると思いますから注意しましょう。

投稿者 山田優

保険に入る方法


保険に入る方法というのはいろいろな方法があると思います。

あなたはどんな方法で保険に加入しましたか?

一番手軽で簡単な保険の加入方法としてはインターネットやパンフレットから申し込むという方法だと思います。

またコマーシャルを見て保険に加入するという人も中にはいるかもしれませんね。

手軽で簡単で自分ひとりで色々と保険をきめたいという人は、この自分で保険に入る方法がいいかもしれません。

しかし、実際にはこの保険の加入方法は一番ベストな方法とはいえません。

保険に入る方法はほかにも、保険の代理店を通して加入するという方法もありますし、直接保険会社の外交員から加入するという方法もあると思います。

一番ベストな加入方法としてお勧めしたいのは、やはり保険会社の外交員から直接保険に入ることではないでしょうか。

代理店をかむと色々とややこしいこともありますし、保険会社の外交員から直接入ることはとてもいいことだと思います。

自分にぴったりな保険について調べてくれますし、いろいろと相談に乗ってももらえますから手間がかかったり時間はとられるかもしれませんができれば保険にはいる際にはきちんと説明を受けてから入れる方法ではいることをおすすめしたいとおもいます。

投稿者 山崎真実

独身女性保険の加入時期


独身女性保険は独身だからこそ、若いからこそお薦めする女性保険と言えます。

なぜなら少しでも若い年齢で独身女性保険などの医療用保険に加入すると、月々の負担が軽くなるからです。

女性特有の病気といわれる乳がんや子宮がん、関節リウマチ、子宮筋腫などにも独身女性保険は対応しています。

子宮内膜症などは年齢に関係ないと言われる女性特有の病気のひとつです。

独身女性保険では、男女共に加入できる一般的な医療用保険に比べ、このような女性特有の病気に対してさらに充実したサポートをしてくれるので安心です。

また妊娠や分娩時の問題など、独身女性の将来に起こりうるかもしれない不安についても独身女性保険ではサポートしてくれます。

独身女性保険は独身女性にとって一番大切な医療用保険といえるでしょう。

投稿者 桜木凛
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術