保険何でも相談室 > 2009年03月



失業保険とは


失業保険を受け取れる人というのは失業保険の受給資格をクリアしている人しかもらえません。

たとえば失業保険がもらない人は雇用保険に加入してそれほど日がたっていないという場合には、失業保険をもらうことができませんし、失業保険は出産のために会社を辞めた場合には、受け取ることができません。

失業保険の金額や受け取ることができる時期は、どういった事情で会社を辞めたのかにもよると思います。

失業保険がすぐにもらえるという場合は、会社都合で仕事を辞めさせられた場合にはすぐに全額受け取ることができると思いますが、自分から辞めた場合には、全額はもらえず、またすぐに失業保険がもらえるというわけではないと思います。

失業保険をもらっている間はバイトをしてはいけませんから就職活動にだけ専念しなければいけませんが、失業保険をもらいながらバイトをしているという人も中にはいるかもしれません。

失業保険をもらっている人は認定日にハローワークへ行かなければいけません。

この認定日に行かないと失業保険を受け取ることができないのです。

失業保険は解雇されればたくさん長い期間もらえますが失業保険は自己都合で退職した場合には、金額も待機期間も違っていますから確認する必要があります。

投稿者 庄司ゆうこ

女性保険ランキングの有効活用


女性保険ランキングは、既に女性保険に加入している人にも有益です。

自分が加入している女性保険の保障内容を中心に女性保険ランキングで比較してみましょう。

女性保険ランキングを見ると、同じ女性特有の病気に対しても保障内容が様々であることに気付くと思います。

また、女性保険ランキングを利用して、自分が加入している女性保険の月々の負担を中心に比較してみるのも良いと思います。

同程度の保障内容だけれど負担が軽い女性保険があれば家計も助かりますよね。

女性保険ランキングは、加入を考えている人はもちろん、既に加入している方にも最適です。

自分のライフスタイルを考えながら、サイトの女性保険ランキングで自分に合った女性保険を探してみましょう。

投稿者 深田恭子

雇用保険


雇用保険というのは、働いている人が失業してしまったときや、働くことを続けるのが困難になったときに、その人の生活に必要なお金を支給したり、失業している際の生活が安定することを目的として加入する保険です。

雇用保険制度があるために再就職もスムーズに決まるといってもいいと思いますし、雇用保険は加入しておいた方が絶対にいですね。

雇用保険料は毎月給与と一緒に支払っています。

雇用保険にはいれるパートの人も中にはいますが、雇用保険はほとんどの場合が正社員のみになるのではないでしょうか。

雇用保険に入っていれば失業給付を受けることができますから、万が一失業してしまったという場合でも、次の仕事が見つかるまでの間の生活費を受け取ることができます。

雇用保険の失業保険には受給資格が必要ですが、ハローワークへ行って受給手続きなどをすれば失業保険をもらうことができます。

雇用保険はアルバイトでも加入したいと思っている人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合には、アルバイトで雇用保険に加入するということは無理のことが多いようです。

雇用保険は育児休業中の手当てはもらえませんし、雇用保険の退職の理由によっては、すぐに支給してもらえるとも限りませんから確認してみましょう。

投稿者 小泉 麻耶
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術