保険何でも相談室 > 2009年03月



保険を選ぶときのポイント


保険を選ぶときにポイントとしてはあなたが必要な保険の期間についてはまず考えてみましょう。

一生必要な保障なのか、それとも子供が大きくなるまで必要な保障なのかによってもそれは違ってくると思います。

そして自分がどれくらいの保障がほしいと思っているのかについても確認する必要があります。

保険にはいろいろと種類がありますが、その中で保障というのもそれぞれ違っています。

ですから自分が欲しいと思っている保障がいくらなのかということをまずは把握しておく必要があるのです。

そして必要となる保険期間が出て、必要な保障額が出たら次はいよいよ保険料を支払っていくことになるわけですが、今の経済的な状況から考えて差しさわりがないのか、支払っていける保険料はいくらくらいなのかということについても確認しておく必要があると思います。

そして最後に考えることは、これから入る保険で貯蓄を考えているのか、それとも単純に保障だけを考えているのかによっても違ってきます。

保険で貯蓄性の高い商品もあれば、掛け捨てのものもありますからそれによっても保険に加入する際は選ぶ必要があるのです。

保険を選ぶときはこの四つのポイントをしっかり押さえて加入すれば失敗なく加入することができると思います。

投稿者 桜庭ななみ

医療女性保険ランキングをフル活用!


医療女性保険ランキングでは、女性保険について色々な角度から比較を行っています。

まずはサイトで医療女性保険ランキングを見てみましょう。

女性保険では、ある一定の契約期間のみ保障するものや、一生涯保障するものなどがあります。

医療女性保険ランキングをみてみると、今は一生涯型の女性保険に人気があるようです。

一生涯型にもいろいろな内容の女性保険があります。

医療女性保険ランキングでは、それぞれの女性保険について簡単な保障内容なども書かれているようです。

何を選んで良いのか、いくつかの女性保険を選んだのはいいけれど説明が難しくてどこが違うのかよく分からない時など、医療女性保険ランキングを利用すると良いと思います。

医療女性保険ランキングは、あなたにとって最適な女性保険を選ぶ際の道しるべとなるでしょう。

投稿者 陣内智則

公的保険と私的保険


保険には公的保険と私的保険がありますが、公的保険にはどんな保険があるのかまず紹介していきたいと思います。

まず公的保険の一つ目としては医療保険があります。

そして介護保険もありますね。

年金保険もありますが、年金保険といっても二つ種類があって厚生年金保険もあれば国民年金保険もあります。

そしてその保険に加入していることによって遺族年金や障害年金を受け取ることができるのです。

そして労働保険としては労働者災害補償保険があります。

こちらは何か仕事中にケガなどをした場合に保障してもらえる保険で雇用保険の方は、失業してしまったときに再就職するまでの生活を保障してくれる保険です。

そして私的な保険についてですが、大きく分けると4つに分けることができ、死亡保障は定期保険、終身保険、定期保険特約付き終身保険などがあります。

そして医療保障の中にも医療保険と医療特約がありますし、介護保障には介護保険、そして老後の生活についての保障もありますが、こちらは個人年金保険として加入することができます。

公的保険と私的保険はそれぞれ役割が違っていますからどちらも大切な保険で将来の保障に備えて加入しておく必要がある保険ですから必ず加入しましょう。

投稿者 榮倉奈々
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術