保険何でも相談室 > 2009年02月



医療用保険としての女性用保険


女性用保険は女性専用であると聞くと、女性特有の病気にしか適用されないと思う人もいるようです。

確かに多くの女性用保険では、女性特有の病気である乳がんや子宮がんなどを前面におしてアピールしているものが多いと言えます。

ですが女性用保険はあくまでも医療用保険です。

普通の医療用保険に比べ、女性特有の病気等に対して更に強い後押しが出来ることがこだわりのポイントであるという意味です。

ですから女性用保険では普通にケガをした、病気で入院したという時にも、きちんとサポートしてくれます。

まだ医療用保険に加入していない人はあれこれ他の医療用保険を考えなくても、この女性用保険ひとつで十分だと言えます。

また既に医療用保険に加入している人は、その医療用保険に特約として女性特有の病気のサポートをしてくれる契約もあります。

自分にとってどの形の女性用保険が合っているか、考えてみるとよいと思います。

投稿者 中村江里子

女性用保険は普通のケガや病気にも対応します


女性用保険という言葉を聞いた事がありますか?

数ある医療用保険の中でも、女性特有の病気に対しての保障を特に厚くしてあるものを女性用保険といいます。

女性用保険は、加入条件を女性に限定した保険です。

女性保険は入院などの保障だけでなく、女性に嬉しいサービスがついたものもあるようです。

女性用保険では、ある一定期間ごとにキャッシュバックボーナスをしてくれるものもあります。

また女性用保険では病気のことなどの相談にのってくれる窓口もあるそうです。

貯蓄感覚で利用でき、不安な時は相談にのってくれ、さらに女性特有の病気の際は手厚いサポートをしてくれる女性用保険の存在は、とても心強いものと言えます。

女性特有の病気に年齢や、婚姻の有無などは関係ありませんよね。

まずはブログで女性用保険にはどのような物があるのか見てみましょう。

投稿者 越前谷知子

社会保険とは


社会保険料を支払うことは義務なのですがここ数年社会保険庁が無駄遣いをしているという情報が流れてちょっと残念ですよね。

私たちが支払っている社会保険料を自分たちのリフレッシュのための旅行やマッサージチェアなどを購入するのに使っているといいますからこれはかなり腹立たしいことだと思います。

社会保険は一度加入すると任意継続でそのまま社会保険の手続きなしにはいり続けることになりますが、それでもやはり無駄遣いをされていると知りながら社会保険料を支払うというのは嫌ですよね。

社会保険では賞与のカットなどもあったようですがそれは当たり前のことだと思います。

社会保険料を滞納している人もいると思います。

社会保険の制度は国民の義務ですから必ず入らなければいけませんが、中には経済的な理由から社会保険料を支払うことができない人もいるようです。

支払うことといえば、病院で出産をした時に、出産費用を病院に支払わずに滞納して退院してくる人が多いようで、そして何食わぬ顔をして社会保険からの出産一時金を受け取っているそうですからそれは何とも悪意に満ち溢れていますよね。

今病院の医療費の踏み倒しと社会保険の出産一時金の着服が増えているようで残念ですよね。

投稿者 水川あさみ 
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術