保険何でも相談室 > 2009年02月



社会保険庁


社会保険庁のホームページを見たことがありますか?

社会保険庁のホームページではいろいろと社会保険に関しての情報が掲載されていますからとても役に立つと思います。

社会保険庁といえば健康保険や厚生年金などが気になるところですが、先日我が家にも夫あてに社会保険庁からのねんきん特別便が届きました。

社会保険庁ではねんきん特別便を送って、今まで加入していた年金に間違いないかどうかを確認しています。

社会保険庁のミスで国民年金をきちんと支払っていたのにもかかわらず、その支払った形跡が残されていなかったという人もいますからこれはかなり厳しい現実ですよね。

社会保険庁といえば最近大臣も変わってから社会保険庁もかなり改革されたのではないでしょうか。

子供を産んだ際にもらえる社会保険庁からの出産育児一時金も以前は30万円でしたが、今は35万円に増額されていますし、少しずつではありますが国民の要望も社会保険庁では聞いてくれているのではないかと思いますね。

社会保険庁ではいろいろな手続きの申請書などをホームページ上でダウンロードできるようになっていますから何か社会保険庁の制度の手続きで変更などがあった場合にはダウンロードすると手軽でいいかもしれません。

投稿者 小泉 麻耶

介護保険


介護保険制度が導入されましたが、どんどん国民の負担というのは増えてきていますよね。

介護保険料を負担しなければいけなくなったのは40歳以上の国民ですが介護保険料はこれからの高齢化社会のことを考えると必要だとは思いますが色々と介護保険の問題点もあるのではないでしょうか。

介護保険を支払う側からしてみればまだ使いもしない介護保険を先払いするわけですからあまり納得いかないこともあるかもしれませんが、介護保険料を使い側からしてみれば色々と便利にあったこともあるのではないでしょうか。

たとえば介護保険をつかって住宅改修をする際には20万円を負担してもらえることになっていますからお年寄りを抱えているご家庭でもし、家をリフォームしてバリアフリーにするとか手すりをつけるといった場合には介護保険を利用して20万円までは住宅改修が行われます。

また住宅改修は引っ越しをした場合にはもう一度利用することもできますからうれしいですよね。

介護保険サービスとして他にも福祉用具を購入したりレンタルする際の費用なども負担してもらえますからこれから先のことを考えると介護保険料の負担は少々苦しくても、負担するべきではないかと思いますよね。

投稿者 藤井 リナ 

女性保険ランキングの利用法


女性保険ランキングで女性保険の比較を行う時は、最初に自分のライフスタイルをよく考えてみましょう。

例えば女性保険の保障内容は一般的で構わないから月々の負担を抑えたいという時は、女性保険ランキングで最初に保険料の部分を比較してから保障内容を検討すると良いと思います。

反対にいざと言う時に金銭的不安を感じたくないから女性保険の保障内容は最高レベルのものを選びたいという時は、女性保険ランキングで保障内容部分だけに着目すれば良いのです。

自分にとって何に重点をおきたいのかを考えながら女性保険ランキングを利用すると、より早く自分に合った女性保険を見つける事ができます。

また女性保険には今加入している医療用保険の特約として契約する事のできるものもあります。

女性保険ランキングを利用して、自分が加入している医療用保険ではどのような女性保険の特約に人気があるか比較してみるのも良いかもしれません。

投稿者 井脇 ノブ子  
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術