保険何でも相談室 > 2009年01月



三井ダイレクト自動車保険とは


自動車保険に加入したいけれど,もしくは自動車保険に加入はしているけれど,自動車保険に限らず保険というものは人生の節目節目での見直しが必要となってきます。

また,いろいろな保険の比較をすることも大事になってきます。

三井ダイレクトの自動車保険のモットーは「ジャストサイズの安心をお届け」です。

三井ダイレクトの自動車保険では,「必要な分だけ,できるだけ安く」というコンセプトから,本人もしくは本人と配偶者だけが車を運転するのであれば,自動車保険も家族限定特約よりも本人・配偶者限定特約のほうが自動車保険の保険料が安くなるので,おすすめだという事です。

また,子供だけが運転する場合であれば,自動車保険は子供年齢条件特約がおすすめだそうです。

投稿者 岩崎 良美

自動車保険のランキング


自動車に関する保険,それが自動車保険です。

万が一の時に役立つ安心な保険が自動車保険です。

自動車保険のランキングを見るとどのような自動車保険が選ばれているのかわかります。

この自動車保険のランキングは,単なる数字ではなく,各保険会社の努力の結果となるのです。

ここで、参考までに2006年度の自動車保険のランキングを見ていくことにしましょう。

まず,自動車保険市場でのシェアランキングです。

損保大手グループと言われる大手5社がランクインしました。

1位が東京海上日動の自動車保険。

2位が損保ジャパンの自動車保険。

3位が三井住友海上の自動車保険。

4位があいおい損保の自動車保険。

5位が日本興亜の自動車保険というランキングの結果になっています。

また,自動車保険の事故対応満足度ランキングというものもあります。

その1位はセコム損保の自動車保険。

2位はAIU保険会社の自動車保険。

3位は三井ダイレクトの自動車保険。

4位は全労済の自動車保険。

5位がソニー損保の自動車保険となりました。

このランキングは,初動が的確で迅速であるかどうか,支払いのスピードが速いかどうか,交渉経過をちゃんと中間報告するのか,対応が横柄でなく丁寧か,などがポイントとなっています。

自動車自賠責保険とは


自動車保険には必ず加入しなければならない自動車保険と,加入が義務づけられていない任意の自動車保険があります。

自動車保険の種類の1つめは,全ての運転者が必ず加入しなければならない,加入することが義務づけられている,強制保険と呼ばれる保険です。

この自動車保険を「自賠責保険」と呼びます。

もうひとつは,加入することが任意となっている保険で,この保険は「任意保険」と呼ばれています。

今日は前者の自賠責保険という自動車保険について見てみたいと思います。

自賠責保険という自動車保険は,正式名称を自動車損害賠償責任保険といいます。

この自賠責保険という自動車保険は,「交通事故の被害者が泣き寝入りをすることなく,最低限の補償を受けることができるように」と国が始めた保険制度のことです。

公道を走る,全ての車やバイクに加入が義務付けられている自動車保険です。

しかし,この自賠責保険という自動車保険は最低限の補償を目的とした自動車保険のため,補償内容も限度があるのです。

例えば,万が一事故を起こしてしまった場合に,この自賠責保険
で補償してくれるのは,相手の人が怪我や死亡した場合のみとなるのです。

しかも,この補償額には限度額が設定されています。

そのため,万が一の時に自分や同乗者を補償してくれる自動車保険が,任意保険となるのです。

投稿者 膳場 貴子
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術